<< H28 夏号 編集後記 | main | きものde大阪帝国ホテル 花見クルージング >>

ベストドレッサー 2016 夏

吹田市・女屋様
 吹田市在住 女屋様 
色数が絞り込まれていて、見る人に爽やかな印象を与えておられると思います。
一番は、きもの姿にこのステキな笑顔ですね。


茨木市・玉木様 玉木様 
 茨木市在住 玉木様 
このきもの、実は花十色和裁教室でご自身で仕立てられました。
新しく袖を通すワクワク感もひとしおではないでしょうか。
大胆な帯を活かす、きもののチョイス (五芒星の地文様) を参考になさって下さい。


京都市山科区・村林様
 京都市山科区 村林様 
シャンパーンベージュのきものに同系色の帯合わせで、とても上品なコーディネート。
藍染の羽織を合わされるところ、さすがです!
親子で綴られた6年間の想い出がこの1枚の写真に凝縮されていて、見ているだけでウルウルきます!


宇治市・野々上様
 宇治市 野々上様 
こういう場面では淡い色のきものにプラチナ箔の帯が生えますね !
お嬢さんは御祖母様のきものを上前の柄を残して赤に染替えて、お召頂いています。
一生に一度、大切な人のハレの日、
母娘で着物姿は心からの祝福の気持ちがきっと花嫁さんに伝わったことと思います。
 
| ベストドレッサー | 22:03 | comments(0) | - |
Comment










02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--