<< 閉店セール 残り3日です! | main | 梅津千代子の「日本のしきたり」 結納 最終回 >>

文様のいわれ 〜雲龍(あまりょう)〜

雲龍 雲龍 雲龍

十二支の中で唯一架空の動物である龍は他の動物に水を与える神として、雲と共にデザイン化され用いられてきました。
農業も水の状態で収穫が大きく左右されるものの、人間が雨を降らすことはできないので、雨を願うのは今も昔も神頼み。
龍は天に昇って雲を起こし恵みの雨を降らせる水神として信仰されてきました。
| 村田悦治の「文様のいわれ」 | 19:43 | comments(0) | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--