<< 藤原晴美「心を耕すきもの」 | main | 海外挙式後の和装で記念写真を残したい >>

令和2年 春号 編集後記

冠(成人式)婚(結婚式)葬(お葬式)祭(法事)のお道具として揃える(持つ)きものから、人生の節目や大切な記念日に着るきものへと変化して参りましたが、大切な人のきもの姿に感動する心は今も昔も変わらないなぁ〜としみじみと感じる今日この頃です。
私たちの仕事の悦びエネルギーの源がそこにあります。

花十色 村田 悦治

| 花通信 編集後記 | 16:15 | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM